工事迄の準備 11-仕様変更編04-

洗面台をネットで探してみたところ、パナソニックの同じものを見つけました。

S建設さんからは、三面鏡仕様ではないものが、材工で60,000、三面鏡仕様で+20,000の見積もりをいただいていましたが、ネットでは三面鏡仕様でなんと、40,000です。
もちろん送料込。安っ
「材工」の見積もりだったので、「工」の分がどれくらいかわかりませんが、それにしても安いはず。

しかし、これだけでは、追加分を吸収できません。
トイレ周りももう一度見直してみることにしました。

まず、身障者用のおおげさな跳ね上げ手すり。
これは今現在必要はありませんし、S建設さんからも、実際に介護認定されると補助金が出るので、今やる必要はないんじゃないかと聞いていたのでやめることに。

次に、トイレの手洗い、ペーパーホルダー、らくらくリモコン、そして、壁付けの手すり。

工賃込みですが、これらを合わせると130,000にもなります。
ネットで探してみると、トイレの手洗い、ペーパーホルダー、壁付けの手すりが合体したものが50,000ほどでありました。かなりの節約になります。

これだけこちらで支給させていただければ、キッチン、システムバスの追加分の負担が軽くすみそうです。

また、ガラス工事120,000、たった数枚なので、昔とったキネヅカ?
近所のガラス屋さんにガラスをわけてもらって自分でいれることにします。
これまた節約になりました。

早速、このことをS建設さんに恐る恐る電話で伝えました。
もちろん、あまりいい気分ではないはずですが、快くOKをいただきました。

あれ、、、なんだかとてもいい人かも。。



にほんブログ村 自転車ブログへ 

コメントする

Filed under リノベーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.