工事迄の準備 13-仕様変更編06-

年明け早々に母と南港にあるトステムのショールームへ行きました。

年明けなせいか、場所柄のせいか、ブランド力のせいか、
パナソニックのショールームと違って、ガラガラです。

前日にS建設さんにお声掛けをしていただいていましたので、受付で名前を告げ数分待ったところで、ご担当の方がいらっしゃいました。とても丁寧な愛想のいいお嬢さんです。

システムバスから案内していただきます。

その前に、一押しの「くるりんポイッ」です。
実験装置を作動させて、くるりんくるりんを見せていただきました。

おー、、これはすごい。

くるりんされることで、髪の毛が網の目にひっかかることなく、ちゃんと一塊になって捨てることができます。

パナソニックのものも、くるりんはしませんが、ごみ捨て部分は同じような形状だったので、大した違いはないのだろうと思っていましたが、そうではなさそうです。
くるりんしないパナソニックのものだと、網の目にだらりーんと、髪の毛がひっかかるということなんでしょうね。

さて、くるりんでいい気分にされた後は順次見積もりの仕様書に基づいて案内していただきます。

まずは、カランとシャワーからです。
なんと、S建設さんが再度持ってこられたカタログのものとまたまた違い、極々普通のカランでした。

「いや、、このカタログのものだと聞いてます、、、」

「いえ、お見積もりではこちらになっていますね。。」

「そうですか。。(ほんとにいいかげんな、、、)」

だけど、カタログのカランの形状が妙な形で使いにくそうだったので、まぁ、ごく普通の方(安いんだろうけど)で良かったかな。。

当初の提案いただいたものと違い、シャワーもカランも白いプラスチック仕様です。
私的には、もうこれでいいやと思ってたのですが、なんだか母がもの言いたげです。

パナソニックのショールームに見に行ったときは、カランやシャワーには大したこだわりを見せなかった母でしたが、私がシルバーで進めていたので、すっかりその気になっていたのでしょう。

白プラは安っぽいので、シルバーがいいと言い出しました。
そうなると、タオルかけも、浴槽の手すりも、シルバーがいい。となりました。。。

ぁぁ。。。また交渉しなきゃ。。。です。

次は、天井の形状、浴室乾燥機をご案内いただき、それは、そのままでOK。

次は、浴槽ですが、こちらはFRPから人工大理石へ変更です。

形状はごく普通のものと、中で段差がついていて半身浴のできるタイプの
2種類から同価格で選ぶことができます。パナソニックは形状が変わるだけで値段が違ったのですが、トステムは良心的です。せっかくなので、半身浴のできるタイプを選びました。

次に色ですが、パナソニックでは選べなかった、「黒」を選ぶことができます。
なかなか高級感がありステキなのです。
母の好みの問題があるので、顔を伺いながら「黒、いいんじゃない?」と聞くと、うんうんと納得気味でした。
あとは、浴槽に合わせて、周りのパネルや床の色を選びました。

これでシステムバスは全て決まりました。



にほんブログ村 自転車ブログへ 

コメントする

Filed under リノベーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.