工事迄の準備 15-仕様変更編08-

数日後、S建設さんがトステムの見積もりを持っていらっしゃいました。

まずは、システムバスです。

見積もりと一緒にこんな風に仕様通りのイメージ図が添付されていました。
最初からこれを作った上で提案してもらえてたら、もっとスムーズに進んだはずです。

現行バス仕様からいくと、追加分は

・浴槽をFRPから人工大理石へ。
・鎖のゴム栓から、プッシュ栓へ。
・シャワーを白プラからシルバーへ。
・カランを白プラからシルバーへ。
・シャワースライドバーを白プラからシルバーへ。
・浴槽内の手すりを白プラからシルバーへ。
・タオルかけをシルバーへ。
・壁パネルを鏡面仕様へ。

しかし、当初の廃盤仕様からいくと、追加分は

浴槽をFRPから人工大理石へ。
鎖のゴム栓から、プッシュ栓へ。
浴槽内の手すりを白プラからシルバーへ。

です。

私の基準は、当然廃盤仕様です。

さて、交渉です。

S建設さんの社長。今までの経緯から行くと、あまり細かいことはわかりません。
考えてみれば、そりゃそうです。ころころ変わるメーカーの仕様、デザイン。きっとトステム代理店だとしても、そんな細かいことまで理解できていないはずです。

最終的に金額さえ合えばいいのが、経営者でしょう。
そして、S建設さんにしても、もうさっさと先に進みたいはずです。

前者のことは、全く話さず、
後者の3つの追加は認めるということだけを伝えます。

もう押し切ります。

OKです。( ̄ー ̄)ニヤリッ

これで私、ほっとしてちょっと気が緩みました。

次にシステムキッチンです。

こちらはシステムバスと違って、元々の仕様より良いので、
なんとも比べるのが難しいところです。

とりあえず、

基準で25000円アップですが、このことは、無視します。

扉は当初よりグレードがあがっていますが、パナソニックと違って、追加にはなりません。

実質追加になるのは、

・ダウンウォール
・キッチンエンドの化粧パネル
・ステンレス排水口
・シンク上に乗せる水切りパネル

です。

ちょっと予想外だったのが、ダウンウォールが当初の見積もりやパナソニックの見積もりと比べても、かなり高額になっていたことでした。

そのときは、どうしてそうなるのかわかりませんでしたし、納得しづらいものでしたが、メーカーが出してる見積もりなので仕方ないでしょう。。。

当初からかなりのグレードアップしてること、パナソニックと比べてもかなり安価で済むこと、システムバス交渉で気が緩んでいたこと、などが重なって、ついついOKしてしまいました。

さて、とりあえずこれで全ての仕様が決まりました。ヤッター! (  ̄▽)爻(▽ ̄ ) ヤッター!

次回、正式な増減の契約と、工程の打ち合わせ、あとは、ご近所の挨拶回りということになりました。


ちょっと計算してみたところ、システムバスが定価の52%。しかも工事込み
システムキッチンが、定価の58%。こちらも工事込み。
ごたごたしてるうちに、ネットで買うのと同等の価格になっていました。
ちょっとびっくり。



にほんブログ村 自転車ブログへ 

コメントする

Filed under リノベーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.