工事迄の準備 16-仕様変更編09-

増減の契約書と、工程表、そして、前金の請求書を持ってS建設さんがいらっしゃいました。
社長と、現場担当の方です。

今日はご近所の挨拶回りもするので、母も同席しました。

増は、キッチンとユニットバスの分。

あと、トイレが結構広いこと、寝室の横ということ、姉家族が来たときのことを考えて、手洗いカウンターをつけるより、どうせならここにも小さな洗面台を置いたほうがいいのではないかと思いつき、湯をひきいれる工事を前回打ち合わせ時に見積もりをお願いしていましたので、その分。

減は、施主支給のトイレ周りと洗面台。

高額になったダウンウォールが未だにひっかかっていたのですが、かなり減額できたのでそのまま契約しました。

その後、図面を見ながら、だいたいの工程を説明していただきましたが、
母が今更、「ここはどうなっているの」的に色々と質問するのでちょっと困りました。

そんなことは、私が母にとっくに説明してあることだし、そのときは納得していたことだし、、ここまで苦労して詰めているのに今更あーだこーだ言われても困ります。

そんな話の中で、母が「ベランダに水道が欲しいと思ってたのよ。高くつくならいらないけど。」と。
欲しいと思っていたなら、思いついたときに私に言っておいてほしいものです。

社長も現場担当の方もちょっと困惑気味に、じゃあ、次回お見積もりをお持ちします。ということになりました。

あー、、、また交渉事が、、、疲れます。

そのあと、ご近所の挨拶回りをしました。
あんまり大げさにすることもないらしいので、現場担当の方と、母と、私、3人で回りました。

挨拶回りは、向こう三軒、両隣、裏三軒。ってとこですが、
隣家の土地が広く、L字に裏とつながっているので、裏は一軒のみで済みます。

両隣、裏にはかなりな騒音で迷惑をかけるので、1000円程度のダスキンのお掃除セット。
向こう三軒には、500円程度の洗濯洗剤を配りました。
S建設さんも独自で用意してこられ、タオルと挨拶文と工程表を配られました。

隣一軒と、向こう一軒が留守だったので、S建設さんは挨拶文とタオルをポストへ。
ウチは、まぁ、またそのうち行きましょうということになり、その日は終わりました。

挨拶回りをしている最中に、現場担当の方が、「さっきのベランダの水道工事、突っ込んでもらうように設備屋に話してみます。」と言ってくれました。
ぉー、、、ありがたいお言葉ですが、、今まで期待はずれが多かったのであまりその言葉は信用しないでおきました。

さぁ、いよいよ2週間後に工事がスタートいたします。


前回の書き漏れ
打ち合わせ前に以前下見に来た大工さんとは別の大工さんが下見をしたいというので、連れてこられてました。その大工さんは、30代くらいの若い大工さんで、S建設社長の説明を聞くだけではなく、「ここはこうしてあげたほうがいいんじゃないですか。」と、客目線で社長に意見をしていました。予算のあることなので無理もありますが、客目線で見てくれるのはうれしかったし、この大工さんが来てくれたらいいな。と内心思いました。



にほんブログ村 自転車ブログへ 

コメントする

Filed under リノベーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.