工事中 13-壁紙の選定-

今日は日曜なので工事はお休みです。

母と二人、サンゲツの壁紙「リザーブ1000」というシリーズのごっついサンプル帳を片手、、というか、両手に、部屋を順番に回っていくことにしました。

私は、シンプルなのが好きなので、全部同じ「白」でいいと思ってましたが、S建設のKさんにサンプル帳を手渡されたときに、「部屋ごと、壁ごとに変えていただいてもかまいませんよ。」と言われた事を母に伝えたところ、部屋ごとに変える気まんまんになっていました。

基調は、「白」で一致しましたが、とにかく、「白」といっても、すごい数です。
どうやって選べばいいんだか、、、イメージの掲載されているものだと雰囲気もわかりやすいのですが、5cmほどのサンプルを見たところで貼ったときのイメージがさっぱりわかりませんでした。

壁を目の前にしてバサバサとページを順番にめくっていき、ピンときたもので手を止めて、
「どうだろー」
「ちょっと模様が大げさかなー」
「これは?」
「うーん、、、それならこっちは?」
「うーん、、、わかんないな。」
「じゃあ、それでいっか。」

そんなやりとりで最初に決まったのが、
塗り調の「RE-2558」

これで基準は決まりました。

全部「白」でいいやと思っていた私ですが、実は工事の始まる前から、リビングの一面だけ変えたいと思っていた壁がありました。

Kさんにもその事を相談すると賛成してもらえたので、母にもその事を伝えました。

色は「紺」で、壁紙もコレというものを決めていました。

私「これどう?」

母「暗くなりそうだから、もっと明るいのがいい」

私「・・・・そう。。」

あー、、、周りが白なのに明るいのなんて意味あるのかしらららら。

しかし、母の住居なので、それ以上強く言うこともできず。
ただ、なんとか妙なものだけは、選ばないように、、、

で、やっと決まったのが織物調の「RE-2508」

これでかなりのショック状態に陥った私。

あとは、全部母のいいなり。



洗面 RE-2724

こんなにデコボコしたのやだ。。。
トイレ RE-2728

トイレに花柄は定番、憩いの場。
寝室 RE-3057

まぁ、母の寝る場所なので、、自分が落ち着ければいいんじゃないでしょうか。


そんなわけで、全て決まりました。

すっかり意気消沈の私でしたが、最後に母が、

「これでいいんかなー、、ちょっとあの大工さんにもっかい見てもろて。」

と、一言。
あの大工さんとは、イケメン大工さんのことです。

実は以前、住居玄関前の階段ホールの壁をイケメン大工さんが「せっかくなので違う壁紙に貼り直しましょう。」ということで、既に選んでくれていたものを母も私も結構気に入っていたのです。

ってことは、母の選定を軽く否定していただければ。。。と、ちょっと希望の光が見えました。



にほんブログ村 自転車ブログへ 

コメントする

Filed under リノベーション

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.