フロントフォークの加工

20141019_05

フロントフォーク、ヘッドパーツ、スペーサー、ステムを一旦フレームにセット。
ステム位置をマーキングして、プレッシャープラグ、キャップが収まるように、6mmくらい下でカットします。

切断は、パイプカッターで。

次に、フロントブレーキの取り付け穴を開けます。穴の開いてる裏側から6mmドリルで突きます。

20141019_06

ある程度はキリで切っている感じでしたが、しばらくすると、ポコンと取れる感じがしたので、なにかしらで穴を埋めてあったようです。

両方とも難しくはない作業なのですが、なにぶんやっちまったら取り返しがつかないので、ちょっと緊張しました。
これでフロントフォークの準備が完了しました。



にほんブログ村 自転車ブログへ 

コメントする

Filed under 02-DIY, 04-ピスト, モノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.