ヘッドパーツの不具合(前編)

20141026_05

そして、なんだかんだで完成!

と思いきや、フロントフォークの収まりが悪いのです。
試運転したところ、すぐにずれるようで、カチャカチャと音が鳴るのです。

色々調べて手順通りに組み直しても、やはりすぐにずれてカチャカチャ鳴るのです。
あ、そーいえば、グリースを入れ忘れていました、、
というわけで、、治った!?…微妙です。
グリースというクッションのおかげで、かなり音なりは静かになったのですが、なんだかやっぱり微妙にずれて音が鳴っている。。

そうこうしているうちに、やってしまいました。

ガッチャーン\(^o^)/

ひっくり返して、フレームがスピーカーの角に直撃。ひーーーー、、、とはいえ、相手はプラスチックだし。。
恐る恐る当たったらしきところを見てみたところ、傷どころか、5mm四方ほどの大きさで塗装が完全にはがれて下地が見えてる。。。

ちょっと、、、いくらなんでも塗装弱すぎだろ、、メイドインチャイナめー、、、、
もう、ヘッドパーツどころではなく、写真を撮るのも忘れ、頭の中はタッチアップのことでいっぱい。

うまい具合に手元に「紺」「グレー」「黒」のラッカーがあったので、なんとか調色してみましたが、そんなうまいこといくわけもなく。
まぁでもしかし、、なんとか目立たなくはなった。。。かもしれない。

20141026_06

自転車なんて走ってるだけでいつかは傷がつくので、そこまで神経質になっても仕方ないのですが、さすがに走る前の塗装ハゲはへこみました。

で、本題のヘッドパーツですが、調べて何度も組み直しても同じ。これはもうこんなもんなんだと。。。

そもそも、付属のヘッドパーツじゃなかったのがいけなかったんじゃないだろーかとか思ってみたり、もうどうにもならないので、もやもやするも無理やり納得することにしました。

【つづく】



にほんブログ村 自転車ブログへ 

コメントする

Filed under 02-DIY, 04-ピスト, モノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.