White Industries ENO Freewheel

20150319_01

脱ピスト。Prestoさんをフリーにいたします。
距離を走るのが目的の場合、ピストである合理性が全くないこと、そして、頭の片隅で常に「固定」であるということを意識して乗ってなくてはならないという面倒臭ささも感じてきました。

そんなわけで、選んだのが、White Industries ENO Freewheelです。
Fixギアは19Tだったのですが、フリーだとロックさせる必要もスキッドエリアを気にする必要もないので、スピード重視にひとつあげて18Tに。

中古だったので、一応インストール前に分解掃除をすることにしました。
道具は、Parktool フリーホイールリムーバー FR-6と同じくピンスパナ SPA-2。
長男さんの道具箱にあったので、助かりました。

WHITE INDUSTRIESのサイトに分解工程のPDFがありますので、そちらを参考にバラしていきます。

ギアを一度ホイールに取り付けてから、ピンスパナでロックリングを外します。

20150319_02

そして、フリーホイールリムーバーで再びギアをホイールから外します。

20150319_03

で、ベアリングを外すときに少々手間取りました。説明書には、指で押し出すように書いてはいるのですが、指が痛くなるまで押してもびくともしません。

よくよく読むと、固いときは木槌でたたけと書いていました。

20150319_04

ガンガン叩きまくって、なんとかはずれました。
結構黒くなっていますね。

20150319_05

灯油でピカピカに磨いて、グリスアップ。

20150319_06

バラした逆に組んでいき完成です。

ラチェット音が爆音とのことで、原チャリの“チャンバー”を思い出しました(懐w)が、実際乗ってみればそうでもありませんでした。そして、抵抗が大きい?せいか、フリー回転も止まるのが早いように感じました。また、36ノッチでダイレクト感がいいとかのことですが、まさか固定よりもいいわけがないので、正直よくわかりませんでした。

しかし、新しいパーツを導入すると次に乗るまでが楽しみです。これでなんとかロード欲熱が冷めてくれればいいのですが。。



にほんブログ村 自転車ブログへ 

コメントする

Filed under 01-アイテム, 04-ピスト, モノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.