TE32TGR用クラウンレース交換

DSC05480

ITAの下玉押しが届きましたので、交換しました。
0.6mmしか違わないので、JISと見比べてもまったくわかりません。

塩ビパイプとゴムハンマーで叩き込みます。

DSC05486

すんなり交換が済んだのですが、どうにもガタが取れません。

DSC05487

で、原因がわかりました。

1インチのコラムとオーバーサイズのステムの間のスペーサーの長さが足りていないため、トップキャップを締めたときに、コンプレッションリングをきちんと押さえ込めていなかったのです。

スペーサーなんて単にステムを留めるためのものだと思っていたのですが、そんなわけにはいかないようで、アヘッドタイプはいつもなにかしら面倒くさいですね。

 



にほんブログ村 自転車ブログへ 

コメントする

Filed under 05-ロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.