KACTUS 16T ペダル

DSC07990

そういえば書きそびれていましたが、実は一時、SPDシューズを購入してSPDペダルで走っていたのですが、、どうにも自分には合いませんでした。

なんというか、、引き足では足裏を点で引っ張られる感じが妙に気持ち悪く、例えば、、パンツの上からチンコを引っ張られてるような感じ(最悪の例え)…
それはSPD-SLにすれば解消されるのでしょうか。

ただ、現地で散歩したい私にとっては、その選択はないわけなので、結局カーボンペダル VP-HANK+トークリップに戻しておりましたが、踏みしろが小さいゆえに、きちんと踏めておらず、やたらに足が疲れることに気づきました。そしてまた、玉あたりをいくら調整しても、すぐにガチガチに締まってしまうという不具合も相まって、いっそペダルを交換しようということに。

踏みやすさで言えば、チネマさんにつけているBazookaのトランスペダルは最高に踏みやすいですし、体重をかけてもとても安定しています。ただ、ロードにつけるには、少々見た目のスマートさにも欠けるし、せっかく軽量化を目指していたのに、ここで重くしてしまうのはちょっと気が引けました。

そこで、見つけたのが、このKACTUSの踏み板はマグネシウム、アクスルはチタンという超軽量フラットペダルです。
Aliexpressでみつけたのですが、ググッてもいったいどこのメーカーなのかさっぱりわかりません。箱にも会社の情報さえ書いていません。。謎ブランドです。

しかしながらその重量は両方で、なんと200gです。
こんなに大きいのに、VP-HANKと重さは変わりません。
そして、価格は、4000円弱です。安い。

早速装着してみました。

DSC07991

MTBペダルですし、少々やぼったくなるのは仕方ありませんが、実物は写真で見るほど悪くはないです。
それと、派手なロゴですが、なんと爪でカリカリしただけできれいに取れてしまいました。

DSC07994

ロードバイクにこのようなMTBフラットペダルは邪道のように感じるかもしれませんが、ポタラーにとっては、かなり良い選択だと思います。だいたいの人はトーストラップをすっとばしてSPD-SLに行ってしまうので、このストラップの良さはあまり認知されづらいんだろーなと思います。

なにより好きなスニーカーで乗れるのが断然の利点だと思います。



にほんブログ村 自転車ブログへ 

コメントする

Filed under 01-アイテム, 05-ロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.