タイヤの重さ

20150406_05

ギア比を落とすべく、prestoさんにつけていたwhiteindustriesの18Tフリーギアをチネマさんに移植しました。
これで3.06→2.72に。少し試乗してみましたが、劇的に足が楽になりました。とくに漕ぎ出しは、信号につかまるたびに、相当負担だったのでこれなら乗れるようになるかもしれません。

さて、コグが大きくなった分、タイヤが前に寄るので、BB下のキャリパーに擦るようになってしまいました。チェーンを延ばすか、タイヤを替えるか。厚みのあるSOMAのEVERWEARを履いていたので、フリーコグにしたこともあり、タイヤを替えることにしました。

そして、ついでなので、棚に積んであったタイヤの重量を計ってみました(なんでこんなにあるのか。。)。

では、軽い順から。

20150406_01

CONTINENTAL ULTRA SPORT 700✕23C → 230g
MICHELIN SPEEDIUM 700✕23C → 265g

20150406_02

Vittoria ZAFFIRO 700✕25C → 285g
Panaracer Stradius Elite 700✕26C → 300g

20150406_03

KENDA KONTENDER 700✕26C → 360g
SOMA EVERWEAR 5MM 700✕26C → 380g

20150406_04

Panaracer PASELA 700✕23C → 385g
Vittoria RANDONNEUR 700✕25C → 450g

本来の用途が違うから当たり前なんでしょうけど、ウルトラスポーツとランドナーでは、実に倍近くの差があります。
スキッド用?で5mmも厚みのあるエバーウェアより、ランドナーの方が重いというのにもちょっと驚きでした。。



にほんブログ村 自転車ブログへ 

コメントする

Filed under 04-ピスト, モノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.