grunge ハンドルバーバッグ

DSC00536

せっかくのGWなのでちょっと和歌山まで足を延ばしてみようかと言うわけで、カメラ、財布、ロックくらいをさくっと取り出せるフロントバッグを検討の結果、グランジのハンドルバーバッグを買いました。

素材は安物っぽいですがその分軽く、シンプルでいい感じです。タイヤとのクリアランスも充分ですね。一応、保温保冷ということで中はアルミシートになっています。

さて翌日、早速意気揚々と出かけたところ、なにやら、バッグ付近から断続的にキュッキュッという音が鳴るのです。ブレーキワイヤーがバッグの揺れに押されて鳴っているんだなぁ程度に思い、大して気にもとめてなかったのですが…

DSC00539

ぎゃあああ…
使用後数時間で穴を開けてしまいました。…orz

DSC00537

荷物を入れることで真ん中がかなりたわむんですね、これ、、、ひどいわ。

DSC00542

仕方なく穴をごまかすためにボンドで革を貼りました。裏だし見えないし、、ヨシとしよう。

DSC00543

で、中にはちょうどいい大きさに切ったクリアーファイルを入れました。
たったこれだけで荷物を入れてもたわまなくなりました。

これくらい最初から入れておいてほしいわ…

DSC00538

入れてたのは、カメラとロックと諸々で800g程度ですが、ちょっとベルトの縫製がやばそうですね。。。
補強のためにリベットでも打っておこうかと思っています。

使い勝手はとても良かったので、補強さえきちんとしておけば重宝しそうです。



にほんブログ村 自転車ブログへ 

コメントする

Filed under 05-ロード, モノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.