Paul Racer Medium Brake

実はポールなんてものには、ほとんど興味がなかったのですが、期間固定Tポイントがかなりあったのと、オクのサンデーくじで10%引きが当選したので、AIにオススメされるがままに実質前後で1.4万という格安で買ってしまいました。
正直、この機能と重量での定価は高すぎですよね。業界のブランド価値の付加のたくみさ、チャリ好き心のくすぐり方のうまさにやられている感は否めません。

さて、届きました。
第一印象は…デカっっっっっ、写真で見る印象よりかなりデカいです。

アーレンキーのみで簡単に分解できましたので、掃除しました。
ブレーキシューは最悪買うつもりだったのですが、濃度の高いアルカリ洗剤でぴかぴかに復活できました。
前後の違いはセンターボルトのみなので、ボルトさえ交換すれば前後どちらにでも付けられますね。

別途購入したアウター受けが届くまでに、準備を。
そのまま付けるのもつまらないので、ロゴに色入れをしてみました。
ダイソーのマニキュアでやってみましたが、黒が強く濁ってしまうので、結局上からもう一度ラッカーで色入れをしました。

で、とりあえずフロントを…
なんと、タイヤとフロントフォークの間に付属のシューがつっかえてしまう事態に。

ぎちぎちで全然余裕がありません。
ロード用に変えれば済むことですが、とりあえず前後を逆にして、短いほうが後ろにくるようにしてごまかしました。

さて、なんとかフロントだけ付けて試走。
感触ですが。。うーん、、よくわかりません。

というわけで、バックも付けてみましたが、、
こちらはあまりにもひきしろが少なすぎて、調整が大変でした。

うーん…

うーん…

以前のほうが、遥かにコンパクトですし、ワイヤー類もすっきりしていますね。。

まぁ、、せっかくなので、このまましばらく使ってみたいと思います。



にほんブログ村 自転車ブログへ 

コメントする

Filed under 05-ロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.